外壁塗装


外壁塗装の紹介

街には美しい外観の住宅や店舗が増えています。その影響もあって外壁塗装はただ美しく見せるためのものと思われがちです。もちろんそのような意味もありますが、本来は建物を紫外線や雨から守る為に施行するものです。外壁の表面をコーティングすることで、外壁に水が染み込んだり、紫外線のダメージで劣化するのを防いでいます。

古い機能性が落ちた塗装のままにしておくと、外壁材の劣化を早めたり、最悪の場合雨漏りにつながってしまうこともあります。外壁塗装をお考えの時期は建物ができてから約10年が標準とされています。


塗料について


●アクリル塗料 / 耐久年数:6~8年

製造量が多いので色の再現性が高い理由から昔は主流とされていました。しかし劣化が早く塗膜も固いため塗り替えの周期が短いのが欠点です。

 

●ウレタン塗料 / 耐久年数:7~10年

塗膜がやわらかく、密着性に優れているため、細かい部分の塗装に最適です。

価格・耐久性・機能性のバランスが良いことから万能塗料とも言われていましたが、近年は使用される事が少なくなってております。

 

●シリコン塗料 / 耐久年数:12~15年

価格低下と共に人気になってきている塗料です。

シリコンを含有することで、汚れにくさと性能を両立させ、高い耐久性を発揮します。

 

●ラジカル塗料 / 耐久年数:14~16年

2015年に発売された新しい塗料です。

従来の塗料にはない高緻密なシールド層が特徴で、紫外線・酸素・水による劣化をブロックすることが可能です。

 

●フッソ塗料 / 耐久年数:15~20年

他の塗料に比べると、優れた対候性を発揮するのが「フッソ塗料」です。

やや高額になりますが、それに伴った性質を持ち合わせている塗料です。

東京スカイツリーの鉄骨塗装に採用されるなど高い評価を得ています。